コラムNo,02 映像制作のメリットと他の広告媒体との違い

映像広告にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
印刷広告と違い、商品やサービスの説明を文字を読ませることなく解りやすく伝えることができるのが、映像広告の最大のメリットと言えるでしょう。

image

伝えにくいリアリティ

文章では読む気がなくなってしまいがちな商品の構造や、複雑なサービスの仕組み、機能や性能がいかに優れているかなどの説明も、動画とナレーションで解りやすく、短時間で解説することができます。図やグラフの活用はもちろん、アニメーションを使えば、現実には見えない商品内部の構造を見せて説明することもできます。実写で商品やサービスが使われている様子を見せ、商品がいかに優れているか、利用者にとってどのようなメリットがあるかを信憑性と共に伝えることもできます。

飽きさせない仕組み

映像広告は、映像だけでなく音楽やナレーションで演出ができるため、インパクトが強く、注意を引き、最後まで飽きずに見させることができます。解り易く軽快なナレーションは、説明文を読むのと違い、見る人が無意識の内に受け入れ、最後まで見ることができるのです。さらに、映像・音楽・ナレーションの効果で、商品や会社のアピールポイントを印象付けることができます。また、例えば、信頼感、技術力、親近感、楽しさなど、訴求したいイメージを見る人に与えることもできます。このように、映像広告は、見る人の理解を深め、より強く印象に残すことができるのです。

百聞は一見にしかず。

最近では、皆さんも車のバックモニターの宣伝をご覧になったことがあるのではないでしょうか?百聞は一見にしかず。バックモニターを使いながら車庫入れするリアルな様子を見れば、どのように使うのかががわかりやすいですよね。その他、旅行関連サイトなどでも旅先の映像を動画で配信したり、ホテルの部屋の中の雰囲気や広さなども、写真などの静止画より動画の方が訴求力が高まりました。

ユーザー観点でメリット満載の映像広告

映像広告の使い道は様々です。ネット広告として配信することはもちろん、SNS上で展開させるなどで、日本中、世界中のお客様に直接見ていただく機会を飛躍的に増やせます。他にも、店頭・展示会・ショールームなどで映像を流しプロモーションに活用する、営業マンがタブレットなどを持ち歩き商談でお客様にお見せするツールとして活用することができます。映像をスマホ、パソコン、タブレットなど、複数のツールにネット配信すれば、お客様との接点もそれだけ増やすことができます。

テキスト:ナインフィールド
      プロデューサー 橘田 佳明

※関連サービス
YouTube動画制作
インフォマーシャル番組制作