映像 Creative 選ばれるのには理由がある。選ばれるための努力がある。映像変換 Conversion

4K映像制作


他社とは違う、Nine Fieldの4K映像制作

最先端の映像で撮影したい

現在、テレビの主流が従来のフルハイビジョンの放送から「4K放送」に変わろうとしています。簡潔に言うとフルハイビジョンでの4倍キレイな高画質の映像を見ることができるのが「4K放送」です。細部まできめ細かく映されているので、まるでその場にいるような臨場感を感じることもでき、あたかもそこに実体があるかのようなリアルな映像を味わうことができます。
コンテンツも増えてきているYouTubeでの4Kの映像にもNine Fieldは完全対応。

4k映像制作のポイント

4K映像の魅力は!?

4Kの魅力は?


Point1


フルハイビジョンと4K比較フルハイビジョンと4Kの比較
2K…1920×1080(2,073,600画素数)
4K…3840×2160(8,294,400画素数)


Point2


4Kの更に4倍高密度な8K(スーパーハイビジョン)放送連の技術開発も進められていて、8Kが標準となる日もいつかはやってくるはず。高精細化は当たり前の時代になってきています。最新のクオリティでの撮影はおまかせください。


Point3


4Kカメラで撮影すればフルハイビジョン4台分の撮影が可能です。編集で拡大しても画面が粗くなりません。


Point4


授業や講義での撮影では、編集で文字をズームアップしてもキレイにみることができ、いままで何台も必要だった撮影がコンパクトになり製作コストを落とすことができます


Point5


4Kカメラで対談形式を撮影すると、1台のカメラでの撮影でスイッチングのような編集をすることも可能です。


Point6


イベント

運動会や結婚式などのイベントでは全体を4Kカメラで撮影すると1人、1人を切り出して編集することもできます。また全体を撮っているので取り逃すことがなくなります。アップで人物を撮っても、その映像は今まで見たことがないくらいキレイな映像として保存しておくことも。


Point7


サッカー

サッカーや野球などスポーツの試合では、1人をアップで撮影する場合、今までは1台のカメラで1人しか撮影できなかったものが、4Kカメラで全体が見渡せるフルショットで撮影しても全員1人1人の動きや表情を確認することができます。またフルショットで撮影しているので、全体の動きを確認するにも最適です。


Point8


展示会

展示会など大画面で映像を写したいときには4Kの映像で細部の文字や色まで表現することができます。また編集からプレジェクターでの映像送出までプロが面倒をみますので安心です。今まで読みにくかった所まで映像でわかるのでお客様に大満足です。



録音フェーズ


▲これらのサンプル映像は、ナインフィールドのライブラリーの一部です。 当ライブラリーでは、日本各地の風景、動植物など 自然を中心とした4Kの映像素材を豊富に取り揃えております。



4Kの映像素材が豊富!

制作依頼を頂いたお客様には、日本各地の美しい4K映像が使い放題とさせて頂きます! (通常、映像ライブラリー料金が発生しますが、無料にてご提供させていただきます) 4K映像のライブラリーが豊富にあるナインフィールドにお任せください!



\0 お見積りは無料! お気軽にお問合わせ下さい 最適なプランをご提案します。 フリーダイヤル 0120-823-999 受付時間 am10:00~pm6:00