ドローン空撮

DRONE

ドローン空撮

DRONE

DRONE

ドローンは操縦者が無線を使って遠隔操作を行います。
弊社の操縦者は国家資格でもある第三級陸上特殊無線技士の免許を取得した専門知識と技術を持つスタッフなので安全かつ安心して空撮映像をご提供致します。

Demo PLAY

ABOUT

ドローン空撮について

ドローン空撮から動画編集まで!
全て一括で当社がご提供致します!
面倒な撮影許可からドローン撮影申請代行まで当社が全て行います!

選べる充実の空撮プラン

ドローン空撮料金が高額だと困っている!というお客様へ

・3〜5カット写真撮影したいのに10万円からって?!
・簡単な撮影を頼みたいのに15万円もするの?!
・編集も併せて依頼したいのに撮影のみしかできないと言われた…
・撮影するのに許可申請ってどうやるの?

など、お困りのお客様からの声が弊社にも聞こえております。そんなお客様の期待にお応えするために弊社が提供する料金プランではお気軽空撮プラン、クオリティ空撮プラン、プロモーションプランの3種類からお選びいただけます。また、撮影の申請をキッチリとし、安心して撮影に臨みます。

お気軽空撮プラン

5カット程度の少ないカット数の写真撮影や3分程度の短い動画撮影であれば低価格でご利用頂けます。

写真(静止画)
30,000 円(税別)〜
フライト数:1フライト(10〜15分程度)
カット数:5カット以内
パイロット拘束時間:30分〜1時間以内
(現場打ち合わせ〜機材セッティング〜飛行撮影〜片付け撤去)
写真(静止画)データ形式:JPEG
※交通費等諸経費別途

動画
50,000 円(税別)〜
フライト数:1フライト(10〜15分程度)
録画時間:30秒〜3分以内
パイロット拘束時間:30分〜1時間以内
(現場打ち合わせ〜機材セッティング〜飛行撮影〜片付け撤去)
動画データ形式:4K・フルHD/MOV
※交通費等諸経費別途

オプション(動画編集)
30,000 円〜
※編集内容により金額が変動します

クオリティ空撮プラン

撮影に半日かかるこだわりの写真撮影、動画撮影をしたいといったクオリティを求める方がご利用ください。

写真(静止画)
50,000 円(税別)〜
フライト数:2フライト(20〜25分程度)
カット数:10カット以内
パイロット拘束時間:1時間以上
(現場打ち合わせ〜機材セッティング〜飛行撮影〜片付け撤去)
写真(静止画)データ形式:JPEG
※交通費等諸経費別途

動画
800,000 円(税別)〜
フライト数:2フライト(20〜25分程度)
録画時間:3分以上
パイロット拘束時間:1時間以上
(現場打ち合わせ〜機材セッティング〜飛行撮影〜片付け撤去)
動画データ形式:4K・フルHD/MOV
※交通費等諸経費別途

オプション(動画編集)
30,000 円〜
※編集内容により金額が変動します

プロモーションプラン

空撮動画や空撮写真と併せて通常の映像撮影から編集までセットでお求めのお
客様に最適です。

空撮動画+動画撮影+編集
200,000 円(税別)〜
※撮影時間や編集内容によって金額が変動します

その他費用
1フライト追加:20,000 円〜

 

その他、撮影内容に応じて無料でお見積もりいたします!まずはご相談ください!

安心と安全のドローン撮影

安全第一がモットーです!

近年、遠隔操作や自動操縦により飛行し写真撮影等を行うことができる無人航空機(ドローン・ラジコン機等)が開発され、趣味やビジネスを目的とした利用者が急増しています。このような無人航空機が飛行することで、人が乗っている航空機の安全が損なわれることや、地上の人や建物・車両などに危害が及ぶことは、あってはならないことです。

このため、航空法の一部を改正する法律により、無人航空機の飛行に関する基本的なルールが定められました。弊社では同法及び関係法令を遵守し、第三者に迷惑をかけることなく安全に飛行させることを第一に考えています。

また、航空法や関係法令を遵守することはもちろんですが、飛行の方法及び場所に応じて生じるおそれがあるリスクを事前に検証し、必要に応じてさらなる安全上の措置を講じるよう安全に万全を期して飛行撮影を行います。

無人航空機の飛行ルール
  • 日中(日の出から日没まで)
  • 目視(直接肉眼による範囲内で常時監視
  • 第三者又は第三者の建物、第三者の車両などの物件との間に30メートルの距離を保つ
  • 祭礼、縁日など多数の人が集まる催し場所の上空は禁止
  • 爆発物など危険物の輸送は禁止
  • 無人航空機から物を投下するのは禁止

※これらのルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、安全面の措置をした上で、国土交通大臣の承認を受ける必要があります。

認証が必要となる飛行条件
  • 夜間
  • 目視外
  • 30メートル未満
  • イベント上空
  • 危険物輸送
  • 物件投下

※認証申請は飛行開始予定日の10日前(土日祝日等を除く)ですが審査に時間を要する場合もありますので日程に余裕を持ってご相談ください。

飛行禁止の空域

有人の航空機に衝突するおそれや、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域として、以下の空域で無人航空機を飛行させることは、原則として禁止されています。これらの空域で無人航空機を飛行させようとする場合には、安全面の措置をした上で、国土交通大臣の許可を受ける必要があります。(※屋内で飛行させる場合は不要です。)

なお、自身の私有地であっても、以下の(A)〜(C)の空域に該当する場合には、国土交通大臣の許可を受ける必要があります。

(A)地表又は水面から150m以上の高さの空域
(B)空港周辺の空域
空港やヘリポート等の周辺に設定されている進入表面、転移表面若しくは水平表面又は延長進入表面、円錐表面若しくは外側水平表面の上空の空域
(C)人口集中地区の上空
平成27 年の国勢調査の結果による人口集中地区の上空

また、上記ルール以外でも弊社パイロットが危険と判断した場合(悪天候や強風等)は飛行撮影を中断することがあります。

4つの決まり事

弊社はあらゆるご要望にお応えします!

わかりやすい料金提案

弊社では写真や動画の撮影だけでなく編集まで含めたわかりやすい料金のご提示をさせていただきます。

ご要望に沿った撮影プランを作成

お客様のご要望をお伺いしてご希望に沿った撮影プランを作成いたします。弊社スタッフが最適な機材や撮影方法などをご提案いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

実績十分の操縦士

弊社が派遣するドローン操縦士は充分な飛行実績があり高い技術を持った操縦士です。

徹底した安全管理

ドローンの使用に際して弊社独自の安全基準を設けています。整備、点検はもとよりフライト時のコンディション状況の判断など安全第一をお約束します。

空撮実績

様々なシチュエーションでドローン空撮が活躍しています!

インフラ設備

産業や生活を支えるインフラ設備をドローン空撮することでスケール感やその重要性をアピールすることができます。また建設記録映像にも活用することも増えています。

不動産PR

高層マンションや広大な敷地の物件までドローン空撮なら手軽で高品質な撮影が可能です。マンション販売、賃貸物件の写真、動画作成に使用されることが多くなっています。

観光PR

観光地紹介にはドローン空撮が有効です。今後増え続けるであろう海外からの観光客にアピールするには言葉だけでは伝わらない魅力を伝えることが不可欠です。ドローン空撮であればその可能性が広がります。

測量

ドローン空撮による測量によって作業者の安全を確保しつつ、時間的なコストを大幅に減らすことが可能です。3〜4日かかっていた測量がドローンを使用することで数時間で終えることができたとの事例が増えています。

TV&CM制作

クレーンやバルーンなど大規模な撮影が多かったのですが現在の撮影の主役はドローン空撮になっています。4K高画質での撮影を手軽に行うことが可能です。

プロモーション映像制作

音楽やイベントのプロモーション映像にドローン空撮が多用されるようになってきました。今まで撮影できなかった角度がドローン空撮によって可能になっています。今まで以上にクリエイティブなプロモーション映像が多くなっています。

集合写真

集合写真にドローン空撮を使うという場面も多くなっています。航空写真よりもリーズナブルな料金で撮影できるからです。子供達にも人気のようで幼稚園や小学校からの依頼も多数です。

安全・安心


第三級陸上特殊無線技士(国家資格)の免許を取得した専門のエンジニアが操縦

陸上特殊無線技士とは公益財団法人日本無線協会が発行する国家資格です。 マルチコプター(ドローン)は操縦者が無線を使って遠隔操作を行います。 弊社の操縦者は日本無線協会が行う無線工学と法規の試験をクリアした、第三級陸上特殊無線技士が2名在籍。専門の知識と技術を持ったスタッフが対応します。

飛行について


飛行条件

  • 気象:晴れ・曇り
  • 風速:5m/s以下
  • 撮影現場が空港から9km圏内の場合は航空局の許可が必要となります
  • 撮影現場の300m以内に変電所、送電線、電波塔があると飛行できない場合があります
  • 市街地、人が密集している場所は撮影できない場合があります
  • 撮影中に気象条件が悪化した場合は中断をする可能性があります
  • 水上などリスクの高い場所での撮影は割増料金を頂く場合があります
  • 弊社エンジニアが危険と判断した場合は中断する場合があります

飛行できない場所

  • 一般道上空、高速道路上空、鉄道上空、一般市民上空
  • 空港の近郊
  • 高圧線の近隣等、電波障害が考えられる場所

リモートコントロール


ジャイロを使った制御

4つの羽根で安定した飛行が可能です。静止画と4K動画撮影が可能で、データは付属のSDカードに保存されます。バッテリーはUSB充電ケーブルで行い約75分の充電で約15分の飛行ができます。
GPSで位置を完全に把握し精密なホバリングと移動が可能。カメラ位置をトラッキングし、離陸地点を記録できるのでドローンを見失うことがありません。

PRICE

料金

徹底的な効率化をはかりお客様の負担を減らします。
手頃な値段で空撮のダイナミックな映像・写真を提供いたします。
お客様が感動し、喜んで頂けるサービスをお手頃価格で実現できるよう努力しております。

写真撮影

60,000円-

2フライト(1フライト約15分)
作業時間およそ2時間
動画撮影

80,000円-

2フライト(1フライト約15分)
作業時間およそ2時間

※撮影に関しては柔軟にご対応いたしますので、まずはお見積りのご相談を!
※追加フライト(1フライト ¥20,000〜)

OUR SERVICES

映像制作を中心にサービスを提供しています

映像制作

CG制作

VR

医療映像

アニメーション動画

TV番組制作

ドローン空撮

レンタル機材

デジタルサイネージ動画

レンタルスタジオ

スポーツ中継

ライブラリー映像